店舗の棚卸はスマホでできる時代??ロジクラの棚卸し機能を徹底解説!

アパレル、雑貨などの小売店舗において、面倒な作業の1つが「棚卸し」です。
今回は、クラウド型の在庫管理システム「ロジクラ」の棚卸し機能について徹底解説をします。

 

ロジクラとは?

スマホを使ってバーコードを読み取り、クラウド上で入荷から出荷まで、全ての物流データを管理できるソフトです。
インストール不要で月額10,000円台から利用できる、今中小企業の在庫管理に最も選ばれているツールです。

 

そもそも棚卸しって何のためにするの??

棚卸しの必要性は、店舗で働いたことがある方なら一目瞭然です。
POSシステムや在庫台帳で管理している「理論在庫」と実際に店舗や倉庫にある売れる状態の「実地の在庫」の差を確認するための作業です。

実地棚卸しを行うことによって、万引きや商品の破損を早急に発見でき、
会社のキャッシュフローの把握に役立ちます。

 

棚卸しの必要性についてもっと知りたい方はこちら。
あなたのお店でキャッシュが足りないのは在庫のせい?アパレル店舗での棚卸しの必要性を徹底解説!

 

ロジクラの棚卸し機能

ロジクラではスマホのカメラを使ってバーコードを読み取り、棚卸しを行うことができます。

実際のロジクラの画面を見ながら、棚卸しについて見ていきましょう。

 

1) ロジクラの棚卸し画面に進む

ロジクラの画面にログイン後、「商品」をクリックし、「商品一覧」をクリックします。

 

2) 画面右側の「商品を登録」をクリック

 

3) 商品の情報を入力

必要な情報を入力していきます。
必須項目は「商品名」のみです。写真も登録してくださいね♪

※バーコードを空欄にすると自動でバーコードが作成されます。
バーコードがある場合は、Ean13桁か、Ean8桁を選択してください。

 

4) 商品が登録できるので、次に左のメニューから「在庫表」をクリックします。

同じく右側の「在庫を追加」ボタンを押します。

 

5) 先ほど作成した商品を選び、在庫数量を入力します。(在庫数量は「1」にしてみてください)

これで下準備は完了です!

 

6) 左のメニューから「棚卸」をクリックします。

「棚卸を開始」のボタンを押して、倉庫を選択します。

 

7) スマホを立ち上げて、「棚卸」を選択します。

 

8) スマホでバーコードをスキャン

 

9) 商品の写真が出ます。数量を入力してください。

 

10) 最後にPCの画面で確認し、棚卸が完了です。

先ほど登録したときは在庫数が「1」だったものが、「12」に変更されてますね♪
これがロジクラの棚卸しの流れです。想像よりも簡単でしたか??^^

このように店舗での面倒な棚卸しを今はアプリを使って行うことができる時代です。
是非この機会に、ロジクラの棚卸し機能を使ってみてください。

 

ロジクラはこちらから

福岡出身. 物流スタートアップやってます。需要予測のできる在庫管理のSaaS「ロジクラ」 AngularJS, React.js, Node.js

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Site Footer

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。