在庫の重点管理でキャッシュフローの安定を!3ステップで分かるABC分析表の作り方!

こんにちは。無料で使えるクラウド在庫管理システム「ロジクラ」の長浜です。今回は在庫管理担当者なら誰しもが聞いたことがあるであろう「ABC分析」について解説していきます。在庫管理業務においては実物の商品と在庫データを合わせるだけでも本当に骨の折れる作業なので、ABC分析にまで手が回っていないというのがホンネではないでしょうか。

そもそもABC分析を上手に使えていないという方から、ABC分析ツールを探しているという方までわかりやすく解説していきます。

 

 

ABC分析とは?

[図表A – ABC分析表]

ABC分析

ABC分析とは売り上げや在庫などの各データをグラフ化し、会社に貢献しているものには重点的な管理をし、そうでないものは標準的な管理をするという手法の1つです。20:80の法則でおなじみのパレート法則に基づいたものです。ABC分析をすることで会社の強みに時間をかけて分析をすることができる為適切なリソース配分にも繋がります。また、重点管理を取り入れることで何を辞めるべきかを数値を元に分析することができるようになるでしょう。

売上管理のABC分析と在庫管理のABC分析

ABC分析と一口に言っても管理する項目は様々です。流通関係なら在庫のABC分析や売り上げのABC分析などが主流ですが、会社単位では営業マンのABC分析などにも用いられることがあります。では流通業の一般的なABC分析を2つに分けて考えてみましょう。

まず、売上のABC分析となると、会社の中での業種別、顧客別、チャネル別などのABC分析表を作ることです。例えば貴社の通販事業部で楽天市場とAmazon、Yahoo!ショッピングやその他のモールなどを利用している場合を想定します。パレートの法則に従えば一部の通販カートやモールが全体の売上の80%を占めているというような事実が見えてくるはずです。もし通販業務コストが全てのカートやモールで同じくらいの金額だとしたら、上位のカートやモールに注力してコストを抑えに行き利益を上げる施策を考えた方が賢明でしょう。

一方で在庫のABC分析は会社のキャッシュフローを安定させる施策です。こちらもABC分析のパレートの法則に従えば会社の2割の商品群が全体の在庫数量の80%を占めるので、この2割の適正在庫量の算出に時間をかけることで会社のキャッシュフローを比較的安定させることができるでしょう。

ABC分析表の作り方

  1. まず、上記の表[図表A – ABC分析表]を参考にグラフを作ってみましょう。Excelなどを使って横軸に商品ライン、縦軸に在庫金額を入力していきます。この時、商品ラインは在庫金額の大きい順にSKU単位で羅列することがポイントです。在庫金額については商品の仕入単価をベースに算出する方法がよいでしょう。(商品点数が多い場合は表の項目が横軸に無限に増えていくので、在庫金額があまり変わらなくなったらその辺でやめておきましょう。)
  2. 次に、横軸に記載した商品ラインの在庫金額をすべて足し合わせます。図表Aで言うと、\900,000+\550,000+\380,000+\320,000+…と全て足し合わせていきます。足した数字はどこかにメモしていてくださいね。
  3. 最後にそれぞれの商品ラインの在庫金額と(2)で足した数字を元に累積率を計算していきます。計算の方法は下記の計算式の通りです。
    累積率(%) = 商品ラインの在庫金額(商品F) / (2)の全体在庫金額

    上記の図表Aで表すと「商品Fの在庫金額 \900,000 / 全体在庫金額 \2,830,000 = 31.8%」2つ目の数字については「(商品Fの在庫金額 \900,000 + 商品Bの在庫金額 \550,000) / 全体の在庫金額 \2,830,000 = 51.2%」という形で累積率が100%に近くなるまで計算していけば分析表の完成です。

ABC分析の結果をどのように使えばいいの?

さて、上記の分析表の作り方で作られた在庫表を元に分析をしていきます。累積率が70~80%を超える商品群を見てみてください。何となく会社の中でも在庫が多かったりするような商品群だと思います。これらのグループを「Aグループ」とし、在庫金額も大きいので重点管理品目として管理をしていきます。逆に累積率が80~90%の商品群は現状維持項目。累積率が90%~の商品については管理コストの方が掛かっている可能性が非常に高いので管理を辞めることを決めてしまいましょう。Aグループに分析された商品群については発注のタイミングや発注方式を再度検討するなど、より重点的な管理手法を取り入れていきましょう。

ABC分析ができるツール

さて、ここまでABC分析について解説してきました。ABC分析は一見難しく感じますが、考え方は非常にシンプルです。普段何となく過剰在庫になっているだろうなと思われる項目についても再度確認するという意味でもABC分析を取り入れてみるのはいいかもしれません。ABC分析をするツールとしてはExcelなどの表計算ソフトなどありますが、自分でExcel表を作るのはちょっと…。という方も多いでしょう。

そんな方にオススメしたいのが、弊社サービスの在庫管理ソフト「ロジクラ」です。ロジクラでは完全無料で在庫の入出荷を管理することができるようになっている為、在庫データを1つのシステムで一元管理することが可能です。2018年12月末にはABC分析ツールもリリースされる予定ですので今のうちに無料で使ってみましょう!

クラウド在庫管理ソフト「ロジクラ」

無料で使える在庫管理ソフト「ロジクラ」の無料アカウント登録はこちらから。